寒中見舞いとは。いつからいつまで?喪中の方へのマナーや文例。無料テンプレートなど。

Sponsored Links

年賀状といえば、日本の代表的な文化ですね。
いつも絶対に出しています、という人も多いと思います。

でも、
「今年の年賀状の相手が喪中だった・・・orz」
「喪中なのに年賀状がきてしまった・・・orz」

なんてことは結構よくある話です。
何か微妙に気まずい感じになってしまいますよね。
そこで、そんな時は近況やお詫びなどを寒中見舞いとして出すのが日本の慣習のひとつです。

寒中見舞い

しかし、若い人も含めて結構知らない人もいるので、改めて寒中見舞いはどんなものなのか、ということを書いていこうと思います。

寒中見舞いとは?

寒中見舞い(かんちゅうみまい)とは相手を気遣って、お互いの近況や状況を知らせ合うために手紙を出し合う日本の慣習のひとつです。
「喪中で年賀状が出せない、受け取れない。」こういった場合にも年賀状の代わりとして、近況を寒中見舞いで出す人が多いですね。

寒中見舞いの時期は?

小寒(1月5日頃)~立春(2月4日頃)までが寒中になります。
時期を間違えないように出しましょう。

喪中時の寒中見舞いマナー

寒中見舞いは「挨拶」なので、暑中お見舞いや残暑見舞いのようなもので、特に大きな決まりごとはなく、結構自由だったりします。
中にはお歳暮のお返しなどをする人もいるようです。
しかし、喪中の方に出す場合は最低限のマナーは守りましょう。
出すはがきも年賀状の余りを使うのは良くないです。
一般の私製はがきか寒中見舞い用のものを使いましょう。
また、内容は年賀状のように祝い事を示唆する内容より落ち着いたものにするのが無難です。
デザインもあっさりしたものがいいですね。

寒中見舞いの書き方

書き方をまとめててくれているサイトがありますので紹介しておこうと思います。
http://allabout.co.jp/gm/gc/19598/2/

http://www.art-printsozai.net/frame-kantyumimai.html

無料テンプレート

無料テンプレートでサクッっと出したいという方も多いと思うので、
使えそうなテンプレートが置いているサイトを載せておこうと思います。

http://www.print.sakura.ne.jp/top_kantyumimai.html

雪だるまやこたつなどシンプルな絵柄のテンプレートがあるサイトです。
サイトの左側サイドバーからデザインを選べます。
寒中見舞いテンプレート

http://tadahagaki.com/hagaki/kancyumimai/kancyu.html

水彩や筆タッチのデザインが多く置いてあります。
喪中向けにも全然使って頂けると思います。
寒中見舞いテンプレート

http://www.art-printsozai.net/frame-kantyumimai.html

大人な感じの無難なデザインが多く置いてあるサイト。
寒中見舞い



以上、寒中見舞いについてでした。
最近は年賀状すら出す人が少なくなって、twitterやFacebookなどネットでの挨拶で済ませてしまう人が増えているので、勉強になったかと思います。
テンプレートなども参考になれば幸いです。

今後は年賀状やこのような寒中見舞いなど日本の慣習も風化する方向にあるかもしれません。
完全になくなってしまうのは何か寂しい気もするので、
ネットでもいいので、違う形で年賀状や寒中見舞いという慣習ができればいいのですがね。
そういった慣習の進化も含めて見守っていこうと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

楽天PR

このページの先頭へ